若手俳優おたくのひとりごと

若手俳優を追いかけるのに疲れたがやめられない、とあるおたくの嘆き

モチベーションの話

やばい女の話で終わった前回のブログですが、実はわたしには二推しがいます。まだまだデビューしたての新人。すごい良い子だしすごい顔がいいし可愛い笑 推しくんが最優先なので、現場が被ったら推しくんを優先しますが、今の所そんなに被ったこともないので東京公演は行けるだけ行っています。そんなわけで、とある舞台も推しくんの予定と被ってなかったのでほとんど全公演とったんです。


ところが、直前になってもモチベーションが全く上がらない。チケとったときは普通に楽しみにしてたのに、1ヶ月前くらいになっても、あ〜来月は現場だ!楽しみ〜!頑張ろ!ってならない。二推しくんのブログは、そろそろです!楽しみですね!みたいな内容になってくのに、全く興味が湧かない。シリーズだったので内容は分かってたし、前回はすごい楽しんでた。なのに、これ干して他の舞台行きたい、とか思いだしてしまって。なんで⁉︎って、ショックもあって半分パニック状態。


結果、初日以外譲渡に出してしまいました。初日も、あーーーこのまま帰って寝たい…めんどくさい…とか思ってしまうし、初日観ても、なんで譲渡に出したんだろう…とは思わず、虚無の気持ち。普通に楽しかったんですけど、今日だけでいいや、って。


やっぱり二推しまで追うのはやめたほうがいいという暗示なのか?そもそもこれは二推しだからなのか?推しでも起こり得ることなのか?

とにかく、二推しくんにも二推しくんを本命で応援してる方にも、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

おたくをやめたい話

なんとな〜〜くアカウントを取得して、吐き出したくなったので書いてみる。

ほんとにただ言いたいことだらだら書いてくだけだから読みにくいと思うし、文章下手くそだけど、もし読んでる人がいたらそこは目をつぶってほしい。


現在わたしはとある舞台系若手俳優を追っている。とにかく大好きで大好きで、彼のいる現場には元々の予定を蹴ってでも飛んで行く。推しのためなら結構なんでもした。現場に出ている時間は幸せ。推しが演技してる姿はもちろん、トークで他の俳優さんとふざけあう姿とか、くしゃって笑った顔とかみて、ああ、ほんとに好きだなぁ、今日のために生きてきたんだな、って思って、また好きになる。


でも、幸せなだけじゃない。

よく、もうおたくやめたい、と思うことがある。

推しが炎上したからとか、同担と何かあったとかでもない。確かにちょっと炎上してた時期もあったけど数年前だし。そもそもわたしは同厨拒否で同厨と繋がらないし、推しの掲示板は白も黒も、もう2年くらい動いてないから、かつては色々あったけど今は特に叩いたり叩かれたりもない。炎上も同厨も乗り越えた(?)上でおたくを続けている。


なんでおたくをやめたくなるのかは分からない。推しを観に行くこと以外頑張れないから、それ以外の趣味もないし、現場以外では外に出ない。普通に友達もいるけど、推しを観に行くために働いてるし、推しを観に行くためにオシャレしてるし、同厨に舐められたくなくてブランド品を買ってる。

推しを追うのをやめてしまえば、社会人として必要最低限のメイクしかしないし、休みも一歩も外に出ないと思う。お金も貯まる一方だっただろうなぁ。


おたくをやめたいと思うのはほんとに色々な場面だ。

東京公演だけ入って満足するつもりだった舞台、足りなくて、急遽休みを取ってその日の夜行を取って大阪遠征した。まだ推しが観れる、ってウキウキしながら準備してたけど、夜行に乗り込んだら、「なんで必死になってこんなことしてるんだろう?」って思ってちょっと泣いた。

とある現場で推しに話しかけてもらえたとき、すごく嬉しくてしばらくふわふわして、世界一幸せ!とか言ってたけど、次の日板の上に立つ彼をみて、ほんと当たり前だけどやっぱり遠い人だなって思って病んだ。

推しをみたいじゃなくて見られたいって思ったらおたくやめたほうがいい、ってTwitterでみたけど、ほんとにそうだと思う。現場に通えば通うほど推しが自分のこと覚えてくれて、認知されると、最初は見られるだけで幸せだったのにもっともっとと求めてしまう。

いくらお金をかけても、いくらプレ使ってもらえても、認知もらったとしても、わたしを見つけて笑いかけてくれても、所詮ファンはただのファンでしかないのにね。じゃあわたしはなんでこんなに推しにお金かけてるんだろう?普通程度には貰ってるけど、それだけ推しを追いかけてたら、お金は追いつかない。切り詰める所ギリギリまで切り詰めて、ギリギリのスケジュール組んで、わたしは何をしてるの?推しに夢中で、推ししか好きになれなくて、彼氏もつくれない。いまはまだ若いからいいけど、推しもわたしも歳をとる。そのとき、わたしはどうしてるんだろう?おたくさえやめればお金の心配も休みの心配もしなくていい。楽になれるのに。やめたい、やめたい、やめたい、やめたい。


推しを好きになったほんとに初期、まだそんな財力とかなくて全然現場に行けなかったけど、あの茶の間期間が1番楽しかった気がする。ブログに上がる写真だけでかっこいい好きとかって言って、行けないけど応援してますとかクソコメントしてたあの時代が。だから、茶の間は大嫌いだけど、その反面、楽しそうでいいなぁって思う。


そうして、それでも、推しに会いたくて、今日もチケをとるんだよね。今週末もまた遠征予定だ。変に遠いところで始発でも間に合わないから、終電で行って満喫で夜を明かすと思う。またどこかでわたしはすすり泣いているんだろうなぁ。いつになったらやめられるんだろうね。いつかはやめなきゃいけないんだろうけど…。とにかく今は現場がないと死んでしまうし、同厨が出てる現場に自分がいなくてわたしの見てない推しがいるとか許せないから、お金落とすのはやめられない。

なんか、結局、同厨拒否拗らせたやばい女の話で終わったな(笑)